花ごよみ

「花ごよみ」は花ファンタジアの代表的な花とその開花期間(見ごろ)を表示しています。
花の名前がわからなくても写真から花を探すことができます。また、写真や花の名前をクリックすると、その花に関する詳しい情報がご覧になれます。ご来園前の下調べなどにご活用くだされば幸いです。

写真から探す

カーソルを花の画像にのせると、花の名前がわかります。さらにクリックすると詳しい情報がご覧になれます。

ハギ

オミナエシ

シュウメイギク

ススキ

セージ

ユーパトリウム

ムラサキシキブ

サルビア

ジュウガツザクラ

コキア

バラ

フユザクラ

パンジー・ビオラ

花の名前から探す

カーソルを花の名前にのせると、花の画像が表示されます。さらにクリックすると詳しい情報がご覧になれます。

ハギ
オミナエシ
シュウメイギク
ススキ
セージ
ユーパトリウム
ムラサキシキブ
サルビア
ジュウガツザクラ
コキア
バラ
フユザクラ
パンジー・ビオラ

ハギ

8月下旬~9月中旬
マメ科・落葉低木

秋の七草の代表種です。古くから日本人に親しまれ「万葉集」にもよく詠まれる花でもあります。日本産の種類は約10種でミヤギノハギ、マルバハギなどがあります。場内では萩をトンネル状に仕立て真近に見られる様にしていますので、一足早い秋をお楽しみ下さい。

オミナエシ

8月下旬~9月中旬
日本全土に分布・オミナエシ科・多年草

日当たりのよい所に生える秋の七草の一つで「女郎花」とも呼んでいます。オミナエシの美しさは、野山に自然に咲き乱れ風にそよぐ姿といわれ、ススキやハギと共に秋の風景画に描かれます。場内では大池を巡る柳の土手に植えられています。風にゆれるオミナエシの姿をご観賞ください。

シュウメイギク

8月下旬~9月下旬
中国原産の帰化植物・キンポウゲ科・多年草

昔、京都の貴船山近くで多く栽培されていた所から「貴船菊」という別名があります。現在は白花の一重のほか、赤花の八重などの交配種が多く見られます。場内でも背の高いシュウメイギクはまとまって植栽されています。

ススキ

8月下旬~10月中旬
日本、朝鮮、中国など原産・イネ科・多年草

秋の七草の一つで風にそよぐ姿や、夕日に染まるシルエットなどに風情があります。またススキにはナンバンギセルという植物が茎に寄生して咲きます。場内では雪見灯籠の近くのススキに毎年寄生するのでご覧下さい。場内のススキはイトバススキとタカノハススキ、一般的なススキが植えてあります。

セージ

9月上旬~10月上旬

セージの仲間は300種以上あります。主に地中海沿岸地方に自生する品種と、秋咲きの大型の中南米原産の種類に分けられます。赤い花の咲くサルビア、ハーブの仲間のメキシカンブッシュセージは紫色の花、パイナップルセージは赤色、イエローマジェスティーは黄色など花色も豊富です。秋口には大型のセージと赤いサルビアが場内を彩ります。

ユーパトリウム

9月上旬~10月上旬
北アメリカ~メキシコ原産・キク科・多年草

草姿や花が「アゲラタム」によく似ていますが、別属 の植物です。河川や池沼周辺の草地のような湿り気の ある場所に好んで自生します。細い糸のような可愛い 花弁を付けた小さな花を房状に咲かせます。花ファンタジアでは、淡い青や白の花が爽やかな緑葉品種や、シックな銅葉と白花のコントラストが美しい「チョコラータ」という品種がご覧いただけます。

ムラサキシキブ

実:9月中旬~10月下旬
アジア原産・クマツヅラ科・落葉低木

秋に光沢のある紫色の小さな果実をまとめて付け、古くからこの果実が観賞されてきました。江戸時代の初期にはまだムラサキシキブの名はなく、「ミムラサキ」「タマムラサキ」と呼ばれていました。江戸時代の植木屋が平安時代の女流作家『紫式部』になぞらえて付 けたとも言われます。学名は「日本の美しい果実」という意味です。花ファンタジアでは、丈が低く果実も密に付いてボリュームがある「コムラサキ」をご覧いただけます。

サルビア

10月上旬~11月上旬
ブラジル原産・シソ科・一年草

サルビアは広い意味では「シソ科サルビア属」の植物すべてを指し、その総数は500~800種以上と言われています。園芸では単に「サルビア」と言うと、サルビア・スプレンデンスとそれらの園芸品種のことを指します。和名を「ヒゴロモソウ(緋衣草)」と言い、スプレンデンスは「光り輝く」「素晴らしい」という意味です。艶やかな深紅の花が周りの秋景色と融合し、秋色を一層深めます。

ジュウガツザクラ(オエシキザクラ)

10月上旬~11月下旬
(春季:3月上旬~4月上旬)
日本原産・バラ科・落葉高木

コヒガンザクラの雑種です。江戸時代の後期から広く栽培されてきました。年に春と秋の2度開花し、秋や冬のノスタルジックな景色にぽっと桜が咲いていれば、このジュウガツザクラかもしれません。冬に咲くフユザクラと似ていますが、フユザクラは一重咲きで白色の花弁に対してジュウガツザクラは八重咲きで淡い桃色の花弁をしています。

コキア

紅葉:10月中旬~下旬
アジア原産・アカザ科・一年草

枝を束ねてホウキとして利用していたことから、「ホウキギ」の和名があります。枯れた茎はホウキ、果実は食用にと、実に無駄がない利用価値の高さから、江戸時代には広く栽培されていました。秋田県の特産品の「とんぶり」はこのコキアの果実を加工したもので、食感と色合いから「畑のキャビア」とも称されます。夏は爽やかな緑色ですが、秋に真っ赤に紅葉した姿がとても美しいです。

バラ

秋バラ:10月中旬~11月中旬
ヒマラヤ地方原産・バラ科・低木

バラは古代から繁栄と愛の象徴とされてきました。場内ではバラと草花が競演するイングリッシュガーデン、ローズガーデン、修景バラが咲くロックガーデンなど、色々なシーンでバラを堪能することができます。また、アーチなどに絡まるつるバラやスタンダード仕立てのバラなど様々なスタイルのバラをお楽しみいただけます。ガゼボ(洋風あずまや)にからまる「ファンタジア」というつるバラは花ファンタジアの象徴です。春と秋のバラの花色や香りの違いも確かめて下さい。

フユザクラ

10月下旬~12月上旬
(春季:3月下旬~4月上旬)
日本原産・バラ科・落葉高木

フユザクラ(冬桜)という名前が付いているだけあって秋~冬に開花し、春にも残りの花が咲き、春には葉も一緒に出てきます。ヤマザクラとマメザクラの交雑種という説があり、花は一重咲き、咲き始めは淡白紅色で、満開近くになると白色に変わります。冬の高い群青色の空に咲く白い清楚な桜は、とても凛として、寒い季節に心を温めてくれます。

パンジー・ビオラ

11月中旬~4月中旬
北ヨーロッパ原産地・スミレ科・主に一年草

パンジーはトリコロール種、ルテア種、コルヌータ種等が交雑されて出来たもので冬花壇の彩る重要な花となりました。ビオラは西フランスに自生するコルヌータ種を中心に改良されたもので、パンジー同様冬花壇にはなくてはならない植物になりました。2品種とも花色、花型のバリエーションが豊富です。場内入口の四季の花壇には新しいパンジーとビオラの花つきのよい中間種、ワインダルの花壇にはビオラと、場内各所に植えられています。